【よ~いドン!】テレビ取材

今日も面白い一日でした

創る和紙職人のハタノさんが

関西テレビ 【よ~いドン!】の 発見 関西ワーカーというコーナーの取材を受けておられ

数日前はロザンとの撮影でした。

今日はナント!

宰嘉庵の取材です。・・・今日はロザンは居ませんけどね

お~~マジでカメラが来た

私は映らないので、ただの野次馬です
PA180009
    (打ち合わせ中に1枚

ハタノさんの紙を使い施工した宰嘉庵の和室
BlogPaint
ディレクターさん&カメラさん&音声さんです。

と、突然

「福原さん こちらへお願いします」と一人でカメラの前に立つことになったうちの旦那さん

見ていて大爆笑な程の緊張っぷりです。

私は見ているだけなので、撮影の合間に好き勝手につっこみました。

いい笑い話やなぁ。

そして、お次は西舞鶴の瑞光寺さんの襖と襖絵の取材です。

瑞光寺さんには、いつも仲良くしていただいていますので、取材の方の追っかけをしてきました。
PA180012

玄関先で住職さんを待っているところ

PA180013

住職さん面白すぎです。

ハタノさんに襖を頼むことになったきっかけや

この襖絵の思い

その他お寺の事、その他面白話がいっぱい

住職さんすごくたくさんお話されましたが、さてどれ位使われるのでしょうか。

放送は 10月29日(金)だそうです。

さて、お寺について行ったのにはもう一つ理由があります。

この度、本堂の襖をハタノさんが製作するにあたり

ここで登場 福原表具店!!襖の下地作りと下張りと仕上げを担当いたします。

住職さん「200年もつ襖にして。私はもう生きてないけど」とおっしゃってました。

どんな襖になるんだろうってとってもワクワクしている私

今日もよく笑った1日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村