笑顔いっぱいの一日【おもちゃ列車】終了しました。

こんばんは ふすま屋ヨメです。

今日は【おもちゃ列車】の日でした。

予約状況は・・・ほぼ満席(⌒∇⌒)

空いている区間だけを購入してくださった方もいらっしゃったようです。

お座敷列車のテーブルをいくつか撤去して、線路を組みました。

朝は息子も手伝いに来てくれました。

うちの息子イベントは手慣れたもんなんですよ。
2016-11-06-19-35-11
みんな喜んでくれるかなってワクワク。

FLAT+のキッズ鉄カフェに来てくれていた子どもさんや知り合いの子どもさんは、

指折り数えて楽しみにしてくれていたそうで、嬉しかったです。

準備完了、お客様が乗車されました。

すぐにお気に入りの電車で遊び出す子、

環境に慣れるまで固まっちゃう子、

恥ずかしいからママに引っ付いて遊ぶ子、

おもちゃの列車では遊ばず人が遊ぶのを見て満足する子、

楽しみ方もそれぞれですね。

パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんは皆さん子どもさんの写真を撮ったり、

ビデオを撮ったり楽しそうでした。
47

奈具の海岸では少し大きなお子さんたちは景色も楽しんでおられましたよ。

ピークの時は少し混雑してしまいましたが、

鉄カフェの時よりも列車の取り合いなどが少なかった気がします。

ママのお弁当や、おにぎりを景色を見ながら食べておられたり、

夕日ヶ浦木津温泉駅で海鮮どんぶりをご注文されたお客様がいらっしゃって、

テーブルで美味しそうに食べておられました。

皆さん色々な楽しみ方をされています。

車内販売も色々な商品があります。

各駅に着くと、あおまつ号が居たり、くみはまライナーが居たりと、子どもさんも大喜びです。
13

初めての試みと言うことで、私達も探り探りでしたが、

喜んでいただけて良かったです。

降りるのを嫌がるかもしれないって事で、親御さんも色々考えて工夫しておられたので、

「降りるのいやだって」ほとんど泣き声が聞こえなかったです。

朝、私達が西舞鶴駅で準備をしていましたが、

丹鉄の皆さんもこの列車を走らせるためにたくさんの方が朝から忙しくお仕事しておられました。

本物の列車の中で、おもちゃの列車を走らせるなんて夢のような企画でしたが、

たくさんの方にご協力いただき、応援もしていただき、開催出来て良かったなと思います。

新聞社の方も取材に来てくださってありがたかったです。

ふすま屋父ちゃんは大好きな鉄道で街を元気に出来たらなって思っていて、

少しずつですが点で動いていた同じように街を元気にしたい人達が繋がってきているので、

みんなで面白いことが出来たらなぁと思います。

ふすま屋ヨメは自分が面白いと思うことはします。

ちなみにヨメは鉄子ではありません。

子どもと楽しいことが大好きです。

今日は丹鉄LOVEのおひとりさまでの乗車もありましたが、

姫路や京都市内からわざわざ来てくださったようで、ビックリしました。

来週は鉄道友の会での赤れんがでのイベントが控えておりますが、

このイベントのお知らせはまた明日にでも書きかきますね。

ちなみに13日はコンサートに出演するので、ヨメはお手伝いには行けませんが、

ミニ新幹線がまたやってきますので、お楽しみに(^-^)

     ブログランキング参加中
ぽちっとお願いします

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ 
にほんブログ村