舞鶴高専の学生さんと黒谷和紙を張りました

今日は舞鶴高専の建設システム工学科の学生さんの、

卒業制作のお手伝いをしてきました。

八島商店街の中にある舞鶴高専の商店街ラボ「よろず」にて作業開始です。
26

中には加工した木がたくさん置いてあります。

この建具に黒谷和紙を両面に張ります。
16

張るのはこの紙・・・高価な紙なので切るのを失敗したら・・・やばいです。
04

まずは黒谷和紙の事を話しつつ、紙の扱い方、切り方、張り方を教えていきます。

一番奥でふすま屋父ちゃんが紙を切ってます。みんな真剣ですね。

実際に紙を切ってもらいましょう。
19BlogPaint

次は紙を張る作業です。

最初の2枚はお手本にふすま屋夫婦で張りました。

いつも一緒に張っているので、私たちは簡単そうにポンと紙を置いて張りましたが、

学生さんには難しいかもしれませんね(^_^;)
22

黒谷和紙を両面に張る贅沢な障子です。

今日から数日かけて学生さんたちが紙を張っていきます。

外では何かを組み立てています。
BlogPaint

練習で1セット組み立てたら、2畳の和室の出来上がりです。
35

4セットありますので、組み合わせると移動できる8畳の茶室になります。

こちらの和室が気になる方は!

2月22日(土)午後2時から 

舞鶴智恵蔵にて見ることが出来るようです。

父ちゃんは所用で行けないのですが、ヨメと息子で見に行って来ようと思います。

 
  ブログランキング参加中
  ぽちっとお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
   にほんブログ村