頼まれました(⌒∇⌒)

黒谷和紙職人のハタノワタルさんから

自宅の襖を何とかしたいんだけど・・・ってお電話を頂き

早速寸法とりに行ってきました。

ハタノさんは築100年ぐらいの家を自分でコツコツリフォームされていて

床にも黒谷和紙が張ってあります。

今度の襖は

自分で絵を描く襖と、子供さんたちが描く襖が出来上がるみたいです。

ネズミさんにかじられたり、劣化している為、下地は使えそうにないので、思い切って新しい襖を作ることになりました。

襖の寸法をとっていたら、ハタノさん家の王子様がやってきて、興味津々

「おじちゃんなにしてるの?」って目で1歳の王子様はその場から離れませんでした。

どんな襖に仕上がるかなぁ

ハタノさんオリジナルの紙をご自分で張られます。

私達もわくわくのお仕事です。

ハタノワタルさんのブログ・・・今回の寸法とりの様子です。
http://blogs.yahoo.co.jp/aaawtaaa/32297638.html