襖の下地に古い新聞

襖紙をめくると、大昔の書類や新聞が出てくることがあります。

今日出てきたのは、昭和2年8月8日の新聞です。
DSC00463

大阪朝日 京都滋賀版の記事には・・・

成相山のケーブルカーの竣工の記事
DSC00462

新聞広告も面白くて

こちらは大正13年ごろの【丹州時報】の新聞広告

大丸や~~~
DSC00465

そして、安田銀行って舞鶴にもあったんや~
DSC00461

服部楽器店の事かな?
DSC00464

もう1つ 近所のイマヤスさん
DSC00460

古いものって面白いですね

襖の下地を見てないで手を動かしなさいと言われそうです

すっかり夢中になって見てました

もう下張りしちゃいましたので、見れませんけどね。

上から張ったら、新しい襖と同じです。


ブログランキング参加中
ぽちっとおねがいします
       
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村

襖の下地に古い新聞

襖の下地に古い新聞」への4件のフィードバック

  1. ★okiさん
    紙って昔は貴重なものでしたから、昔の下地には色々な紙が張ってあるんですよ。

  2. すごい物が襖の中には入ってるんですね
    赤レンガ倉庫にも古い新聞があった気がしましたけど
    『安田銀行って舞鶴にもあったんやあ』って見たことあるん?中舞鶴出張所って、北都の中舞鶴してんのことやったりして
    とにかく古い物を見るのって意外とわくわくするね
    今日15時から中筋小学校で中筋ふれあいまつりのステージが始まりますよチアリーディングや太鼓や大正琴など色々ありますよ俺も17:50から出ます

  3. ★たかおやじさん
    古い家の襖をめくると新聞が張ってあったり、借用書みたいな物だったり
    面白いものが出てきます。
    今日もステージお疲れ様です。きっと暑いですよね。
    残念、夕方から所用でお出かけします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る