海外のお客様

我が家に、4人の韓国の女の子が来ました。

2泊3日の短いホームステイでしたが

たくさんの思い出ができ

本当に楽しい時間でした。

こういう経験はしようと思っても出来ないですよね。

はじめにこのお話をいただいた時、2名の予定でしたが

お盆ということもあり、受け入れ先が不足する事態が

今回舞鶴に来たのは19名

うち4名が女の子でした。

女の子を全員受け入れることになり、何をしようと考えて

私としては、どうしても浴衣を着せてあげたくて

知人に相談し、全員分の浴衣が揃いました。

そして 浴衣=うちわ

これは、我が家で手作りだ!!と思い

綾部・黒谷の創る和紙職人 ハタノワタルさん に相談

和紙を分けていただきました。

和紙のうちわに、和紙や折り紙でオリジナルな物に仕上ています。

何を書くのかな?と思っていたら

ひらがなで自分の名前を書いていました。

家の息子は、日本と韓国の国旗を描き

娘は、うちわという字と自分の名前を韓国語で書きました。
P8130048

夕方から、浴衣の着付け

どうしても、ジーンズを脱ぐのは嫌だというので

このまま着せちゃえと、暑いのに服を着たまま着付け

夜はお祭りに

はじめは脱ぎたがっていましたが、結局最後まで来ていたんですよ。

やっぱり女の子ですね。
P1010624

今回貴重な体験が出来ました。

これからもう少しがんばって韓国語を覚え

そのうち彼女達の国へ遊びに行けたらなと思っています