感謝する日

阪神淡路大震災から 15年が経過しました。

この震災で、私は友人を亡くしました。

高校の同級生ですが、私の人生を変えてくれた大切な友人です。

彼女がいなければ今の私はありません

そして、きっと主人と出会ってすらいない・・・と思います。

一昨年までそんな彼女のお墓参りが出来ずにいました。

毎年 1月17日が近づくと

「よし 今年こそ行こう」と思いますが

彼女の御両親と会った時

どんな顔をして会えばよいのか・・・・悩んでいるうちに月日は過ぎ

そして、一昨年 思い切って彼女の家に電話をしました。

お母様は私のことを覚えていてくださいました。

「お墓参りに行きたいんです」と言うと

とても喜んでくださいました。

伺う約束をした日

私は、彼女の共通の友達と一緒に行きました。

お母さんとお姉さんと しばらく彼女の話で大盛り上がり

涙ぐみながら、高校時代のエピソードを話していました。

仲良しの友達を亡くすのはとても辛いことです。

でも、彼女がいたから今の私がいる。

彼女に感謝しつつ、彼女の分まで元気に笑顔で過ごしたいと思います。