襖縁の取替

今日は襖縁の取替の写真です。

施工前を撮るのを忘れていましたが、

この襖の下張りには漢詩が書いてある紙が使われていました。

先日の襖同様、大正時代に作られた下地だと思います。
DSC01570

下地は問題が無かったのですが、縁が悪くなっていたので取替をお勧めしました。

見た目は 新調したのと同じです。

綺麗になった襖を見て、お客様にとても喜んでいただきました。

お客様に喜んでいただけると、とてもうれしいです。

そうそう、昨日関西テレビの【よーいドン!】という番組のコーナーに、

私の姉がロザンさんに密着取材されていました。

「関西ワーカー」というコーナーで、関西で働くいろんな人に密着するコーナーなんですが、

以前このコーナーで、和紙職人のハタノワタルさんも密着されていて、

その時にふすま屋父ちゃんも取材を受けました。

その時のブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/fukuhyogu10/archives/1322049.html

家の姉は、バスガイドの指導員をしています。

実は私・・・姉の制服姿は見たことがありますが、

案内するのを聞いたことがありませんでした。

今回お手本でガイドをする姿を見せてもらい、何か感動しちゃいました。

宇治原さんが、ガイド体験をされていましたが、

2分で案内文を全部暗記して、アドリブを入れながら完璧な案内をされていて驚きました。

「宇治原さんすごいんやで」って姉が言っていた通りです。

オンエアを見て関心しました。

家の姉、5分車に乗っただけで酔っちゃう人だったんですが、

その姉がガイドになるって聞いた時、家族はみんなびっくりしたらしいです。

当時私は4歳ぐらいなので、姉が就職する頃の記憶が私にはありません。

人って苦手なことでも、がんばれば克服出来るんだよってメッセージもあって、

家のお姉ちゃんすごいなぁと感心した昨日のテレビでした。


  ブログランキング参加中
  ぽちっとお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
   にほんブログ村 

襖縁の取替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る