赤れんがラジオの取材で学生さんとぶらぶら&送別会

こんばんは、ふすま屋ヨメです。

今日は赤れんがラジオの取材のお手伝いをさせて頂きました。

54

まずは、参加者全員で自己紹介と意見交換をしました。

商店街には、代々続くお店もありますが、ふすま屋のように後から入ってきた店舗もあります。

「どうして商店街に出店しようと思ったんですか?」と聞かれたので、

「子供の学校に近いところで探したら、そこがたまたま空いていたからという理由です」

福原表具店は同じ平野屋の村上接骨院さんのお向かいからスタートしました。

今の店舗兼住宅に移転したのは開業から翌年のことですが、その理由は・・・

その物件がたまたま売りに出ていたからなんです。

商店街にある空き店舗をわざわざ探したのではなく、

そこに物件があって「ここにしよう」ってなんとなく思ったのが理由です。

深い意味はないので、語るほどの話もありません(笑)

意見交換をした後は、本日は新世界商店街をご案内させていただきました。

若い子たちが好きそうなお店だと思ったので、私から提案をさせていただき、

パンゲアさんミトマンさんへ行かせていただきました。

2店舗とも楽しくお話しさせていただき、とても楽しい時間でした。

赤れんがラジオの取材は当初1回で終わる予定でしたが、結局3回になってしまいました。

各商店街を短い時間に完全制覇するのは難しいので、1回ずつピンポイントで案内させて頂きました。

学生さんたちとぶらぶら歩きながら、

色々な方にインタビューする学生さん達を見るだけのつもりが、

1回目も2回目もヨメの声が使われておりました。

自分の声をラジオで聞くのってかなり恥ずかしいですね。

3回目はインタビューはされていませんので、

インタビューをする前にすごく緊張している女子高生に話しかけていました。

終わった~ってホッとしている姿がとても可愛かったです。

本日のインタビューや宰嘉庵(さいかあん)での公開録音の様子はこちらをご覧ください。

宰嘉庵はふすま屋の近所にあるレンタルスペースですが、

当店でふすまや障子、壁の施工をさせていただいたり、

展示会などで利用をさせていただいた思い出深い建物なんですよ。

DSC01285

PA170004

ラジオのお手伝いが終わったら、すぐに娘の高校へ行きました。

オープンスクールなどで参加者と生徒にワッフルを渡していますが、

このワッフルをひたすら焼く【ワッフル隊】というグループがあります。

ワッフル担当の先生とママの集まりなんですが、

卒業前と言うことで3年のママのお疲れ様のお食事会でした。

家は看護科だからまだ卒業しませんし、

下の子が入学を控えていたり(合格したらだけど)する人は残りますし、

これからも手伝うよって言ってくれる人は残ってくれています。

このワッフル隊も結成3年になりました。

ワッフルを焼きながら、お料理教室をしたり、みんなでお茶を飲んだり、

まさか、娘が高校生になって親の友達が出来ると思っていなかったので、

とても良い活動に参加させて頂けて良かったです。

今日は美味しいお鍋のお料理教室を兼ねていたのですが・・・

遅刻していったので写真はありません。

どれも美味しく頂きました。(^-^)

もうすぐ3年生も卒業なので、別れの季節、旅立ちの季節ですね。

 
ブログランキング参加中
クリックをお願いします。
           
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村

赤れんがラジオの取材で学生さんとぶらぶら&送別会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る