越前和紙の里

福井で仕事があったので、少し足を伸ばして以前から行きたかった「越前和紙の里」へ
DSC00986

あいにくの雨でしたが、ちょうどイベントをしていたので、色々と見て回りました。

「紙の文化博物館」には、入ってすぐの壁面に連鶴が飾ってあります。

これ、全部繋がってるんですよ その数 307羽
DSC00984

私も、連鶴が好きですが、折っているとちぎれちゃうんですよね

色々な大きさの鶴が綺麗に並んでいました。

これだけの作品だと、折っているうちに向きを変えることもできなくなりますね。

一人では折れません

それから、10万枚の楮の先染め紙を使った貼り絵 サイズは2650mm×2550mm
DSC00982

この博物館には、他にも7.1×4.3mの1枚ものの手漉き和紙も展示してあったり

紙を漉く時に使う道具や、色々な技法、色々な用途の紙が展示してあり

「あ!この紙 見本帳で見たことある~」ってテンションが上がる~~

他にも「卯立の工芸館」は昔ながらの紙漉き家屋が復元されていて

実際に紙を漉く工程を見ることができます。
DSC00989

ベテラン職人さんとおしゃべりをしながら

実際に漉く作業を見学できる施設です。

他にも、色々な和紙小物や紙を売っているショップがあったり

外では、和紙の掘り出し市をやっていて、紙や小物が大特価でした。

私は小物を、旦那さんは紙を購入

他にも、学生の女の子達が、書道パフォーマンスをして会場を盛り上げていました。

人だかりで見えませんでしたが、何かの歌詞を書いていたみたいです。

いつもなら、子供たちを連れて出かけますが、子供たちはキャンプに行っているので、夫婦でお勉強してきました。


ブログランキング参加中
クリックをおねがいします。
       
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村