重要文化財 行永家住宅

今日は、旦那さんと一緒に行永家住宅の一般公開を見に行ってきました。
DSC00240

舞鶴市小倉にあるこの住宅

現在も住んでおられるお宅で、一般公開の日にしか見ることが出来ません。

18世紀後半からこの地域の庄屋さんだったそうで

主屋・木屋(離れ)・米蔵・道具蔵・味噌蔵・新蔵が立ち並んでいます。

DSC00261

主屋の天井はとても高く 梁もとても太いんです。

これだけ大きな家を支える柱や梁ですからね。

立派な木材が使われています。

この家は、現存する瓦葺の農家として丹後地方で最も古いそうで

文政元年(1818年)の材木の購入手形や、文政8年や9年の墨書

大棟北端の鬼瓦には
「文政八年乙酉五月吉日 田辺大内町瓦屋 吉田忠右衛門直久」のへら書銘があり

ここから推測し、準備段階から10年の歳月をかけて建てられたようです。

主家で築180年を超えているんですよね。すごい建物です。

江戸時代を感じさせるのはお便所です。

刀掛けが上についています。

この家に武士が出入りしていた証拠ですよね。
DSC00252

行永家の少し先に松尾寺があることから、田辺藩のお殿様がこちらのお宅で休憩されたんじゃないかともおっしゃっておられました。

DSC00254

お庭も広くて、手入れがされています。

木屋は建具上部には透かし模様があり、建具ごとに絵が違います。

小さな千鳥ですが分かりますか?
DSC00246-1

欄間も扇が繫がっていて、1つずつ絵が違うんです。
DSC00244

木屋の釘隠しです。
DSC00245

離れである木屋は、手の込んだ細工が多いのですが、主屋は飾りがほとんどありません。

この木屋は明治の初めに建てられたようですので、少しだけ新しいですね。

でも、100年を超える建物って良い材料がつかってあります。

どれをとっても職人の技が光っています。

今、100年以上後世に伝えられるものってどれだけあるんだろう

昔の人ってすごいなぁと感じた午後でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村