先輩の卒業と神頼み

こんにちは ふすま屋ヨメです。

バタバタしている間に11月も半ばになってしまいました。

私が入っている会の卒業例会が終わりました。

昨年と同じく事業担当幹事の役を頂いておりましたので、

慌ただしく準備をしていました。

でも、直前に新型コロナの感染者が増えてきて、ドキドキ

最初の企画を考えている時から、開催できるのか微妙な空気が流れていたり・・・

でも、お世話になった先輩方の卒業をお祝いしたい!!

会長の思い、部会長の思い、みんなの思いを込めて、準備を重ね

無事に卒業例会を終えることが出来ました。

ホント、ホッとしました。

部会長は開会の挨拶から泣いちゃうし、

卒業生のスピーチを聞いて部会長と私は金屏風の後ろで泣いちゃうし、

閉会の挨拶は・・・もう開催できた嬉しさと、

色んな人の言葉に感動して、ようやくここまできたってホッとして

「言葉にならない・・・」

言いたいことがたくさんあったけど、喋ったら涙が止まらなくなりそうだったので、

我慢しながら感謝の言葉を伝えました。グダグダでしたが(^_^;)

「今年も泣いたね」ってみんなに言われました(´;ω;`)

DSCN0488

リハーサルまでの慌ただしさって何だったの?ってくらい、

部会のみんなも、サプライズに協力してくれた会員さんもうまく動いてくださって、

計画した時間ピッタリに終了しました。

卒業された先輩たちにも喜んで頂けたので、良かったです。

来年度の役員さんも決まりましたので、私は今回の例会の報告をしたら役員修了です。

あとは自分の卒業まで気楽に楽しむのみとなりました。

宴会はできませんでしたが、色んな感動があった卒業例会となりました。

翌日は欠席された先輩にお花と記念品を届けたり、荷物の片づけに行ったり、

参加された先輩に写真を届けたり、お世話になった方にお礼を言いに行ったりと、

部会長と2人で走り回りました。

例会の話をしだすと色んなことを思い出して2人ともすぐ泣けます。

感染対策など、今まで気にしなくて良かったことに時間と手間を取られますが、

みんなが協力してくれるので、良い会だなぁと改めて感じました。

部会長のなおちゃんとは同じ年に入会して、これまで4年間ずっと同じ部会でした。

私が部会長の時に、副部会長を頼んで、

昨年は私が事業担当幹事で、なおちゃんは副部会長、

今年は私が事業担当幹事で、なおちゃんが部会長で、

来年はいよいよなおちゃんが事業担当幹事をします。

次の部会長は今回司会を頑張ってくれた後輩君です。

最初はコロナで出来るのかなと思ったけれど、

一生懸命頑張って準備をしてくれて、

苦手なパソコンで一生懸命書類を作ってくれて、

色んな所に気配りしつつ頑張ってくれました。

私が出来ることは、部会長のサポートなので裏方が多いですが、

私の性格に合っているので、やりやすかったです。

バランスの良いコンビだと言っていただけて、とっても嬉しかったです。

あと1年で私も卒業なので、来年は楽しい活動が出来ると良いな。

卒業例会を前にしてあれこれ忙しいけど無理やりGOTOトラベルを利用して、

出雲大社で最強の神頼みをしてきました。

今月は神在月、全国の神様が集合する月なんですよね。

お天気にも恵まれて良かったです。

このお話はまた今度のブログにしますね。
2020-11-08 12.03.16


rogo

お問い合わせはホームページよりどうぞ
https://fukuhara-hyougu.com/

  ブログランキング参加中
ぽちっとお願いします


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ